熊本市中央区水前寺のコンパニオンアニマルパーティーでは動物衛生看護師の資格を持つ増子元美がどんな相談でもお受け付けしております。

TEL 080-4383-1199ご質問やご相談などはこちらのお電話番号まで
Topics

CAP君の知恵ブクロ&元気ブクロ

Official BLOG

第101回わんにゃんぴっな時間 ~西区~

★日時:2019年7月6日11時~13時 
★場所:今和泉俊子先生アトリエ  
熊本県 熊本市西区河内町岳1717
HP:https://benechan.shop/author/imaizumi-toshiko-collection/  
★内容:熊本の素敵発見 「雑草織」アトリエ見学
ポンポン草から線維を取る動画はここから


●洗った繊維

●補足した繊維を織る

何気なく道端に見かける草木

ポンポン草(苧麻/からむし)や芙蓉、楮、ゼンマイ、葛、藤のかずらなど

野山に自生する草木を刈り、繊維を取り出し、

独特な野性味ある布を織り、あくまで素材が生かされた状態で

自然の生命力を織り込む手仕事ならではのオリジナルな布

私どもが制作したこの布を私どもは「雑草織」と命名しました。(サイトより)

★ランチタイム:手打ちそば 蕎楽房よしだ
●アトリエガーデンランチタイム

集合写真 今和泉先生と皆さんの素敵な笑顔

先代の知恵

・柿渋(青柿の汁)⇒防水 防虫 解毒

・重要無形文化財 越後上布《平織りの麻) 古千谷縮(縮織りの麻)と日本代表の織物

※ポンポン草が残る場所から材料を集める 繊維を取り 織って 染めて

オリジナルの衣類や帯(帽子 バック ブローチ)に出来上がるまで

今和泉先生によって出来ていきます。

春から秋まで 新しい草でないと効率よく繊維を採取できない

線維を水につけ 洗う作業も腐らないように管理が必要

ペラペラとお話しされながら手を動かされている姿から

作品への想いが形になるまでの時間と技術を想像したら

凄い!!凄すぎる!!

そうして 先代の人々は これを生活の中に取り入れていたのだと

ステキだな~と思いました。

化学繊維も安くて強くていいけれど

線維の材料の農家さん 
材料から布までの職人さん 

日本は素晴らしいと思う。

そんな 大切な事をきちんと 未来の子供たちに伝えなきゃと思います。

本日 貴重な時間を提供してくださった今和泉先生

参加してくださった皆々様 お蕎麦の吉田さん ありがとうございました。

イベントアルバムはこちらへ



 
全ての記事を一覧で見る