熊本市中央区水前寺のコンパニオンアニマルパーティーでは動物看護師の資格を持つ増子元美がどんな相談でもお受け付けしております。

TEL 080-4383-1199ご質問やご相談などはこちらのお電話番号まで
前回はこちら→嘔吐再発!!!尿毒症と在宅ケア相談②

通院にての静脈点滴の緩和治療

13時 病院で「すなぎも」のおやつを大匙2杯位喜んで食べたのですが

18時 帰宅して なんと未消化の「すなぎも」全部嘔吐してぐったりしているとの悩み。

・5時間もの時間胃に停留未消化の点

肝臓 腎臓の治療中の点

・1時間もの時間 に揺られた点



12歳  尿毒症 肝臓機能低下 でも美味しく食べられたのは ◎です。

しかし 

胃の動きが悪いのか??(神経 筋肉機能上げる)

消化液の分泌が弱いのか?(消化を助ける)

車に酔ったのか??(移動距離を検討する)

嘔吐の後の様子は??

体温測定  呼吸数測定  心拍数(脈)測定  粘膜の色観察

細かくチエックしてもらい

異変がある場合  心配な場合は 

すぐ 主治医の先生へ 状況を連絡して指示してもらう 

「食べさせなければよかった・・・」
「苦しくないのかな・・・・」
「病院へ行ったがいいのかな・・・」

くよくよ悩まれる前に・・・今 ククちゃんに必要なケアがある事。

嘔吐時に水分消失させたと思うので・・・

2時間後に 白湯を5CCから飲ませてもらい 

嘔吐の有無を観察してもらうようお伝えしました。  

今後シニアわんなので 様々な事が起きると思います。

そんな時の受診方法を考えなきゃなりません。。

心配なのは 現在は 通院の時間が約50分混むと1時間越え

往診してもらえる獣医さん 通院時間短い獣医さん 

検討してもらう時もククちゃんの体調で決めてもらいます。

看護 介護には 不安がつきものですが・・

不安の種 「悩み」は「問題」に変えて

快適な毎日を送らせたい!!その為には?→ 「答え」

決めていきます。その道標になれるように動物看護師の役目は

重要と思います。続く
全ての記事を一覧で見る