熊本市中央区水前寺のコンパニオンアニマルパーティーでは動物衛生看護師の資格を持つ増子元美がどんな相談でもお受け付けしております。

TEL 080-4383-1199ご質問やご相談などはこちらのお電話番号まで
Topics

CAP君の知恵ブクロ&元気ブクロ

Official BLOG

前回はこちら→
14歳 さくらちゃん日記⑦  2017.116



今日の さくらちゃん は

「立つ」「歩く」は 排尿排便食事の時以外はしない。

ガスストーブの温風前にて保温(痛みが緩和するのかもしれない)

食欲は いつもより10%減る 排便排尿には問題なし

写真を見てもわかりますが 腫れがひどく 

立ち歩いた後は血が滲み出るために 舐めて癒そうとしている。

現在の治療法としては

痛い時はステロイド注射 抗生物質内服薬処方

出来る限り在宅で看取りたいがご家族の希望

悩み

■抗生剤を使うと下痢する⇒ 

①動物病院で抗生剤の種類を変更してもらう。

②他に痛みや腫れ緩和の方法がないか相談する 

③皮膚が丈夫になる栄養追加する 

■受診する時の見極めについて⇒ 

①痛みがある時早めに受診 

○発熱 ○震え ○立てない ○歩けない ○食欲ない ○元気ない

■日々足腰が弱っている ⇒ 

①寝てる姿勢が長いのでストレッチやマッサージ

②アロマ外来でのシャンプー保温癒し  自宅での温灸 

③食事の量が減っているので与える内容を変更





足先 腫れ 出血


母犬のハートちゃんの赤ちゃんだった さくらちゃん

飼い主さんより先に 私が出会っているご縁

・アレルギー性皮膚炎

・右後ろ足手術

現在はシニアライフを出来るだけ 快適に過ごしてもらえるように

医療チームと介護チームで整えられたらいいな~と思います。 続く






犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様
全ての記事を一覧で見る